SAKAKIHARA

オリンピック聖火 福山市役所に到着

神辺(備後)のあれこれ

東京オリンピックの聖火が昨日12月22日(火)15時に福山市役所北側広場へ到着しました。

福山市に聖火が訪れるのは、1934年の東京オリンピックを含めても初めてのことで、大勢の市民が出迎えました。

福山市在住で、アテネオリンピックマラソン代表の坂本直子さんがランタンを持って登場です。

ランタンの小さな炎に、希望を願わずにはいられません。

トーチとともに22時まで展示されました。

スポンサー企業であるエネオスと日本生命の展示ブースも大人気です。

スタッフも展示ブースも、聖火とともに移動していますので、前日は呉、その前日は海田、その前は三次・・・と全国を回っています。

トラックに上がれば、聖火リレーのユニフォームやトーチとの記念撮影も出来ます。

このエネオスのトラックナンバーは「20-20」

オリンピックへ気運が高まります。

これは聖火リレーの日程ですね。

5月17日、18日は、広島県です。

福山市は18日に、選ばれた市民が聖火ランナーとして走ります。

聖火を見た後のお楽しみはこちら。

トリックアートです。

このトリックアートの前で写真を撮って、まるでトップでゴールインしたようなオモシロ写真を残すことができました。

子どもはもちろんですが、意外にもはしゃぐのは大人のほう。

杖をもたれた男性が、楽しそうにゴール写真を撮られていましたが、その様子はこちらも嬉しくなり、高齢の方も次々と写真を撮っていました。

笑い声が絶えない撮影会が夜まで続いたようです。

もちろん私もパチリ。

そしてこの写真は、すかさず社長にラインで報告。(オモシロ日常を社長に報告するのは、私の日課です)

ただ、帰宅し落ち着いて写真を見ると、コートは着たままだし、黄色いユニフォームの選手が見えません。

ということで、晩ご飯を食べた後、再度市役所を訪れました。

まあ、これもオリンピックの想い出になるのでございます。笑

ガス・衣類乾燥機のことなら福山市神辺町の榊原商店まで。

今年最後の聖火展示となった福山市。次は1月9日に北海道をスタートするんですって。 全国14都道府県だけの展示で、福山市は大変ラッキーでしたね。